×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車を売ろうと検討して分かったこと

車を売ろうと検討して分かったこと

私たちの生活の中で移動手段や商品の運送などに使用され無くてはならないものになりつつある車ですが、自分で購入した車を売ると決心したことありますか?

 

「車を売却することに抵抗なんかないよ」と思う方もいるかもしれません。

 

私も以前はそう思っていました。

 

そのため私が学生の時、祖父が車を売るとき渋っているのを見てなぜなのかと疑問に思っていました。

 

私も大人になって車が分かるようになると車愛好家となり、車を何台か持つようになり、家族が増えました。

 

家族が増えることで嬉しい反面、車を売らなくてはならない状況になって「さて、車を売るか」と決めた時、何を売るかだけでだいぶ時間を割きました。

 

その後もいつ売ろうとか、どのようにして売ろうとか慎重に売却について考えていました。

 

そんな状況になって不意に学生の時の祖父の姿を思い出し、初めて祖父が悩んでいた時の気持ちが理解できたような気がしました。

 

祖父はあの車を財産や家族のような気持ちで見ていたんだと。

 

私も私より車を大切にしてくれる人に売る予定です。

 

車愛好家の方の中には車を大切に想い、売却することに抵抗のある方も多いのではないでしょうか。

 

昔よりネットや販売店が普及し、車の売買が簡単にできる今、皆さんは車をモノとして見ていますか?それとも財産として見ていますか?